よつば眼科の特徴

よつば眼科の特徴

北あやせ よつば眼科は、患者様一人ひとりに寄り添ったオーダーメイドのような治療の提供を実現するため、院内環境や医療機器をはじめ、医療技術、診療姿勢に至るまで常に良質な医療を追求。
患者様の毎日が充実し、心身が満たされた生活を守れるようQOL(クオリティ オブ ライフ)を第一に考えています。

「NASA規格クラス100」の基準をクリアする無菌手術室

「NASA規格」とは

NASA(アメリカ航空宇宙局)が定めた空気の清浄度を表す規格で、日本でもスタンダードな基準として使用されています。一辺が1フィートの立方体の中に浮遊する5マイクロメートル以上の微粒子の数に応じて清浄度がクラス分けされています。また、医療施設においては細菌などの浮遊微生物も対象にすることで、感染予防の基準ともなっています。

空気清浄度 浮遊 微粒子数 主な適用先
クラス100 100個以下 無菌手術室、無菌病室
クラス1万 1万個以下 クリーンルーム手術室
クラス10万
.
10万個以下
.
一般手術室、集中治療室、新生児室
クラス100万 100万個以下 待合室

診断、治療、経過観察までを院長自らがトータルで対応します

最新の医療機器の導入を通して、常にベストの治療を提供します

患者様の目の状態に合わせたQOL第一の治療を行います

患者様一人ひとりを大切な家族のように想って治療を行います

豊富な経験と確かな技術で安心の治療を提供します

アフターケアまでしっかりと対応します